© 2018 by valo

movie Nohito Sakuma

hair&make Sachiko Shinzato

​model Ayami Otsu 

music Akira Kita 「静物のための習作」 

ひかり(valo) 花(kukka) 森(metsä)の三要素を大切に

いし・いと・ぬの などをコラージュするように 作品を作っています。

続いていく 日々の暮らしが 愛しくなるような

特別な一日に さらに光が差し込むような・・・。

身につけてくださる方の魅力が引き出される

そんなアクセサリーを 目指しています。

valo

朝のやわらかい日差しのような 夜のあたたかな光のような

続いていく 日々の暮らしが愛しくなるようなアクセサリー

kukka

幼い頃の気持ちを忘れないためのアクセサリー

metsä

憧れ続ける素敵な大人に近づきたい日のアクセサリー

渡邉 純(Jun Watanabe

大学でランドスケープデザインを学んだ後、建築設計事務所で、

模型作り、公園デザインなどを担当。2005年より、valoの制作をスタート。

お客様の声が直接聞けて、身につけてくださっているのを見ることができる

イベントが楽しくて、岡山・香川を中心に活動。

作品のメインの素材である 石の勉強をするためにジュエリー会社で、

デザイン・制作などを担当し、退職後、​valoの活動を本格的にスタート。

movie Takashi Chiba

hair&make Sachiko Shinzato 

​model Ayami Otsu  

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now